キーウィアレルギーの原因

キーウィアレルギーの人は案外たくさんいるものです。

人口全体でいえば200人に1人ぐらいは
キーウィに対してアレルギーを持つ可能性があります。


この方たちは多くの場合、
キーウィの食べ過ぎでアレルギーになったわけではなくて、
別なものへの頻繁な接触が原因でなる場合が多いのです。

実はこの性で、ある種の職業の人たちに多いのが
キーウィアレルギーなんです。
10%ぐらいの人がその素質があるということですが、
一体どんな職業でしょうか?


実は医師、看護師、歯科医師などの

医療関係者にキーウィアレルギーの人が多いのです。

いったいなぜでしょう???



実は医療関係者全体の5%から10%に、
ある物質に対するアレルギーが存在します。

それはラテックスアレルギーです。

ラテックスとは、そうです、天然ゴムの成分です。


「ラテックス」という言葉が
はっきりと書いてある製品と言えば、
一般的にはコンドームが思い浮かぶかもしれません。


送料無料プラチナセット!サガミラブタイムLOVE FOR ALL(ラブフォーオール)12個入×1440箱...ってこんなにたくさん使いきれません(笑)


医療関係者はコンドームを使う機会が多いのか?

お好きな方が多いのか???

いえいえ、違います。
(・・・・たぶん違います。(笑))


高いので一般的には使われることが少ないのですが、
医療関係者は手術や診察の時に
ラテックス性の手袋を使うことが非常に多いのです。




特に外科系で手術にかかわる医師や看護師、
毎日人の口の中に手を突っ込んでる歯科医師や歯科技工士は
ラテックスの手袋を毎日付けます。

さらに手術の際には、ラテックスグローブをつける前に
手の汚れを洗い落とすために20分ぐらい
ブラシでごしごしと手を洗います。

韓国のあかすり真っ青で、
皮膚の弱い人は終わると出血するぐらいに洗います。
これがだめで大きな病院の看護師をやめる人さえいます。

そこにラテックスのグローブをつけるので、
皮膚の表面についた傷からラテックスの成分がしみ込んで、
やがてアレルギーになりやすいのです。


ラテックスアレルギーはわかったけど、
それがキーウィとどう関係するのか?
不思議に思うかも知れません。

ラテックスと言うのは天然の植物に傷をつけて
しみだしてきた汁を固めて作ったものです。

このゴムの弾力は植物が作る防御物質の成分なのですが、
これの形はさまざまな植物で似ている部分があります。

特に果実の成分の一部には似ているたんぱく質が含まれています。
キーウィにもたくさん含まれています。
アボガドや桃にも多く含まれています。

ということでラテックスアレルギーの人が
とばっちりでキーウィもダメになり、
キーウィアレルギーで苦しむことになります。

キーウィにあるようなラテックスと似ている成分で
アレルギーの原因となるものを「交差抗原」と呼びます。

ラテックス、Latexと交差抗原性を持つものは
キーウィだけではありません。

キーウィに加えて、アボカド、バナナ、クリ、生のじゃがいも、
トマト、核果(桃、プラムおよび桜のような)、
ヘーゼルナッツ、メロン、セロリ、ニンジン、
りんご、西洋ナシ、パパイアおよびアーモンド

これらの果実類はいずれも生ではアレルギーを引き起こし、
たくさん食べるのは非常に危険です。


フルーツが好きな人は口が腫れても、
のどがいがいがしても我慢して食べ続ける人がいますが、
原則としては食べないようにしてください。

アレルギーの症状はある段階を超えると
突然重症化することがあります。

アナフィラキシーショックと言って
血圧が下がる、呼吸困難になるなどの症状を示し、
命の危険性もあり得るのです。


キーウィだけでなく、
上にあげた植物やゴムのアレルギーの可能性がある場合、
できるだけこれらを避けるようにしてください。


ちなみにこれはポリウレタン製です。
12x144個だからえ〜っと、1728個ですか?
毎日2個使って864日だから2年4カ月か・・・。

はっ!
(すみません、妄想にふけっていました。)


ラテックスフリーの製品

はこれだけでなく、
いろいろありますよ。

便利な世の中です。




posted by キーウィアレルギー at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。