キーウィアレルギーが突然発症する理由

キーウィの入ってるタルトを
おととい食べた時は何ともなかったし、
これまでもずっとキーウィ大好きで
しょっちゅう食べてきたのに、

なんで今日はキーウィ食べてじんましんが出るの?

他の物が原因じゃないの??


そう思ってキーウィアレルギーなのに
次の日もキーウィにチャレンジして
見事に全身じんましんでかきまくり。

こういう人は少なくありません、
キーウィアレルギーになる人は
キーウィのこと大好きな人も多いのです。

でも、残念ながら、
キーウィアレルギーの症状はある日突然現れます。



スギ花粉症もそうですよね、
前の年まで何ともなかったのに、
ある年、ある月、ある日突然症状に気がつきます。

それも花粉症のピークの過ぎた4月はじめとかに
いきなり花粉症の症状が出現してびっくりする人とか、
けっこういます。

ある春の日に目覚めたら枕がびしょぬれで、
「そんなに悲しい夢見たかしら?」
と思ったら全部鼻水だった(うわああ(^_^;)、
というパターンもあります。


キーウィアレルギーが突然始まる理由

アレルギーの発症はよく、
コップの水があふれる様にたとえられます。

コップに水滴が毎日落ちて行って、
だんだん水位が上がって行きます。

水がこぼれないうちはいいのですが、
いっぱいになって耐えきれなくなって
こぼれ始めたら症状が出るというわけです。

すでに満杯ですから、そのあとは症状が出続けます。

コップに落ちる水滴はそのままあふれ続けるからです。



どんなにキーウィが好きで、
山ほど食べていてこれまで何ともなくても、
キーウィアレルギーが発症したら、
基本的にはもう治らない
のです。

そのまま症状は出続けるのです。

コップの大きさが個人の体質の差というわけです。

大きなコップの人は死ぬまで症状がでないで
無事に過ごせますし、
小さなコップの人はすぐに発症します。

これは体質ですからどうしようもありません。
posted by キーウィアレルギー at 08:12 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。