キーウィアレルギーでもキーウィを食べる方法

キーウィアレルギーのあなたが
もともとキーウィ大好き少女だったとしたら、
当然ながら食べたくて悲しくてしょうがないですよね。

でも、アレルギーの原因となる成分を
積極的に体に取り入れるのはとても危険なことです。

基本的にはキーウィを食べるわけにはいきません。


でも、どうしてもキーウィの味が忘れられなくて
こっそり、ちょっとだけ、
かゆくなるのを我慢して食べたりします。

いつかよくなるんじゃないかって。。。

ほとんどそれはあり得ません(可能性ゼロとは言いません)。


怖いのはそれで起こってしまうアナフィラキシーショックです。

すでに書いてきたように
アナフィラキシーショックは息ができなくなったり
血圧低下して意識不明になることがあります。

だから食べちゃダメ。



・・・・・・でも食べたい。


わかります。

私自身、子供のころにイチゴアレルギーになりました。

それは幸い一過性のもので
食べれるようになったのですが、
その間の悔しいことと言ったら。


キーウィアレルギーでもキーウィを食べる方法はあります。

キーウィアレルギーの人でも
キーウィが食べれる方法は、一度加熱することです。

キーウィアレルギーはキーウィ果実の中の
植物性タンパク質に反応して起こるものがほとんどです。

タンパク質は加熱すれば変性しますから、
加熱したものであればアレルゲン性を失って
だいじょうぶになることが多いのです。

キーウィの中のアレルゲン(アレルギーの原因物質)は
桃やクリ同様に加熱でも変性しにくい方なのですが、
それでもある程度の変性は期待できます。

少しだけ、アレルゲンタンパク質が変性したら
これもまたすべてのキーウィアレルギーの人が大丈夫かといえば
その保証はできません。

基本的には食べてみなければわからないのですが、
加熱したキーウィの食品は大丈夫である可能性は高いのです。


キーウィのジャム




キーウィのコンポート


キーウィのコンポートは見つけられなかったけど、作れますよね?

キーウィのペースト、ピューレ、ソース




キーウィのドライフルーツ




これらの調理した食品は試してみる価値はあります。
(ドライフルーツは製法にもよりますが、
 変性している可能性はあります。)



理論上は電子レンジでチンしてから冷やしたキーウィなら
かぶりついても大丈夫の可能性があります。
(何度も書きますが、ダメな可能性もあります。)

ですから食べてみるとすれば、
これらの製品や調理品を試してみてください。



ただし、あくまでも可能性であり、
ダメである可能性もありますので、

できれば病院の開いている時間帯に、
あなたのことを何かあった時に病院まで
連れて行ってくれる人の目の前で食べてください。

もしもダメだったときに救急対応してもらえる状態でお願いします。


・・・自己責任ね。(^^ゞ
posted by キーウィアレルギー at 00:20 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。