キーウィアレルギーの話の基本として、バナナアレルギーの話です。

バナナアレルギーに関する英語記事の翻訳です。
前の翻訳がひどすぎたので訂正します。
前の翻訳と元記事の英語は続きを読む、からご覧ください。

バナナアレルギーになると1型アレルギー、あるいは接触性アレルギーを起こすようになります。バナナの中にあるキチナーゼというタンパク(酵素)に対して免疫システムが過剰反応を起こしてしまうことが、あなたの体にアレルギー反応を引き起こす原因です。どうしてそのような過剰な免疫反応が起こるのかはまだ分かっていません、さらなる研究が必要です。キチナーゼタンパクはアボガドやキーウィフルーツの中にも多く含まれます。
バナナは最初、紀元前2000年ごろにインドネシアで発見され、フィリピンとインドを経由して世界中に伝わりました。アレクサンダー大王のインド遠征記録に紀元前327年にバナナがインドで育っていることの記載があります。今日ではバナナは世界中の熱帯や亜熱帯で生産され、中央アメリカの会社がその多くを販売しています。輸送システムが高速化したおかげでバナナは世界中で食べられるようになったのです。

バナナアレルギーの人の体はキチナーゼに対してアレルギー反応を示します。そのほかに、バナナへの耐性がなくて体が反応する人がいますが、それはアレルギーではありません。このバナナ耐性欠如によるアレルギー反応は血管反応性アミン類(Vaso-active amines)によるものです。
血管反応性アミン類(Vaso-active amines)はヒスタミンのようなアレルギー反応をひきおこす物質で、食べ物の中で発生してアレルギーのような反応を引き起こすことがあります。血管反応性アミン類(Vaso-active amines)にはヒスタミン、フェニルエチラミン、セロトニン、チラミン、ドーパミンなどがあります。
バナナにはセロトニンが含まれています。セロトニン摂取で起こる兆候にはけいれん、皮膚の発赤、頭痛、そして心悸亢進(心臓のドキドキ)などがあります。症状の強い弱いは食物に含まれていたヒスタミン様物質の量と、その人個人がヒスタミン分解酵素であるジアミンオキシダーゼをどの程度持っているかで決まります。


ほとんどのバナナアレルギー、あるいはバナナ不耐性によるアレルギー様反応はバナナを食べてから数分から数十分で起こります。ほとんどの場合症状は弱い、あるいは中程度で一日以内に収まります。どんな症状かというと、皮膚の発赤、けいれん、下痢、吐き気、おう吐、鼻水、涙目、くしゃみや咳などです。
バナナアレルギーになった人でも最初のうちはバナナを食べてもほとんど症状が出なくて気づかないことが多いものです。感受性はだんだん、時間をかけて弱いものからシビアなものへと変わって行き、最後には命にかかわるものになります。
バナナアレルギーの人の場合、非常にしばしば交差反応性によるほかの物質へのアレルギーが問題になります。もしもあなたがバナナアレルギーであった場合、ラテックス内に含まれているよく似た植物性たんぱくに対してアレルギー反応を示す可能性は高くなります。他の食べ物への交差反応性も注意が必要です、たとえばアボガド、キーウィ、チェストナッツなどです。


総合ビタミン剤や対症療法の薬を飲むことでバナナアレルギーにある程度対処することができます。たとえばビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、パントテン酸、グルコサミン、抗酸化物質、市販のアレルギーの薬、ケルセチン(イチョウの葉のポリフェノール)などです。
(正直、確実に効果があるのはアレルギーの薬である抗ヒスタミン剤で、ほかのものはそういう市販の薬が効かない人が試してみるべきものだろう。)
ビタミンAは実は最もよく知られた抗酸化剤で、創傷治癒のプロセスに活躍します。ビタミンAは肝臓だけでなく脂肪細胞にも貯蔵されるので、摂取過剰の場合は簡単に危険な濃度に達してしまいます。このビタミンはくれぐれも取りすぎに注意してください。
高齢化すると三分の一ぐらいの人々に食物からのビタミンB摂取障害が起こるそうです。ビタミンBは赤血球形成に必要ですし、神経系の機能をよくするのにも重要です。(まあ。サプルメントできちんととれってことですね。それを裏付けるようにお年寄りでは神経痛が出やすいものです。すべてがビタミンB不足だとは言いません、ヘルペスが悪さをすることもあります。でも、いずれにせよ、高齢者がビタミンBを積極的に取っておくのは悪いことではないようです。)
ビタミンCは天然の生体防御物質です。大気汚染による気道損傷や感染などに対して防御作用があります。さらに、免疫機構を強めます。この作用の理由はアスコルビン酸が細胞の新陳代謝をあげる能力を持つためです。
(ビタミンCもただ取ればいいってもんではない。日本人は過剰摂取の兆候があります。)
βカロチンは粘膜防御能力を強めます。口腔、鼻腔、喉の奥や肺の気道の粘膜の外敵の侵入から防御する作用を持ちます。ビタミンCはまた、抗酸化作用を最適にする能力を持ちます。
(あくまでもそういう効果があるというだけで、それで治療できるわけではありません。)
ビタミンEもまた大気汚染物質などの微小物質が肺組織に及ぼす障害を和らげる働きと、免疫反応を適正に保つ作用があります。
パントテン酸の抗アレルギー作用はよく知られています。これはビタミンBの非毒性フォームの一つです。パントテン酸は炭水化物、タンパク質、脂肪などのすべての栄養素の代謝と合成に必須の物質です。
グルコサミンは抗炎症作用を持ち、アレルギー症状のいくつかを和らげてくれます。
抗酸化物質と呼ばれるものはフリーラジカルを中和してくれます。フリーラジカルと結合してその活性を抑えることにより、フリーラジカルが生体内の細胞組織を破壊するのをふせいでく
Allergy Aid は9種類のハーブを調合したものです。特に呼吸器系のアレルギー症状を一時的に緩和します。これらのハーブによる作用として気道の拡張効果と呼吸を楽にすることなどが知られています。
クエルシチンはフラボノイドの一種です。フラボノイド類はよく知られた強力な抗酸化物質です。クエルシチンは炎症を抑制し、免疫を活性化し、血管を強め、循環を改善すると言われています。クエルシチンはまた、肥満細胞からのヒスタミン放出をブロックすることでも知られています。これにより様々なアレルギー反応が抑制されるわけです。
これらの情報を利用する前に医師と相談してください。
この記事は自然食品の説明であり、医学的根拠に基づくものではありません。

David Cowley はビタミン類と病気に関してすでに50以上の記事を書いています。
For other articles on Allergies click on Articles on Allergies and for other articles click on Other Articles




キーウィアレルギーの話の基本として、
バナナアレルギーの話です。

(英語の記事を取ってきて翻訳してみましたが
 わけわかめでございますね(笑)。
 まあ、読んで見てください。)


助けてください--私はバナナアレルギーです。

デヴィッド・カウリー

バナナアレルギーであるなら、
あなたは、アレルギーType1に苦しむか、
または関連するアレルギー症状に悩まされます。

バナナで見つけられたタンパク質は、キチナーゼと呼ばれますが、
過剰反応してあなたの身体に有害であるタンパク質として
免疫システムが過剰反応してしまいます。

体が、ある食物に大げさに反応する理由は明確ではありません、
そして、より多くの研究が必要です。
また、chitinaseと呼ばれるタンパク質は
アボカドとキウイ果物の中に見つけられます。

バナナは、マレーシアB.C.およそ2,000年に由来して、
次に、フィリピンとインド中で広まりました。

アレクサンダー大王は、紀元前327年にインドで発育しながら、
それらを記録しました。

今日ではバナナは世界中のほとんどの熱帯の、
そして、亜熱帯の領域で中米に位置している
主な商業プロデューサーになります。

急速な輸送の開発によると、バナナは広く利用可能になりました。

バナナにアレルギーである、あなた、ボディーの免疫システムは
バナナタンパク質chitinaseに大げさに演じなければなりません。

アレルギー反応の別の原因は本当のアレルギー反応ではなく、
バナナへの不寛容のためであるかもしれません。
この不寛容はVaso活性のアミンによって引き起こされる場合がありました。

Vaso活性のアミンは、食物の中に自然に現れる物質ヒスタミンであり、
アレルギー反応をまねることができるだけでなく
アレルギー兆候の引き金となることができます。

Vaso活性のアミンはヒスタミン、フェニル基-ethylamine、
セロトニン、チラミン、およびドーパミンと呼ばれます。

セロトニンはバナナで見つけられます、
そして、serotonine食物摂取の兆候はけいれんするのを含んでいます、
皮膚、頭痛、および心臓動悸を洗い流して。

兆候の厳しさは物質のようなヒスタミンが摂取した量と
あなたのシステムで酵素ジアミン酸化酵素を代謝するヒスタミンの不足に依存しています。

通常、ほとんどの食物アレルギーか食物不耐性反応が
数分からバナナを食べたいくつかの後何時間もの以内に起こります。

最も最後の1日未満の適度の反応と皮膚、かすがい、下痢、吐き気で
吹き出物にかかわることができて、
鼻水、涙目がゼイゼイいって、吐くのに温和、そして、せきします。

個別に、それはバナナ兆候にアレルギーです。
現れないかもしれないか、兆候は気付かれるのに、
温和に、最初の数回バナナが食べられるということであるかもしれません。

感度は、時間がたつにつれて、展開することができて、
非常に温和な状態で始めて、
ゆっくり生命に危険を及ぼすアレルギー反応の上に伸びることができます。

また、交差反応はバナナアレルギーである個人で非常に一般的な問題です。 人がバナナでアレルギー反応からタンパク質まで苦しむなら、ラテックスの同じタンパク質にアレルギーであることへの可能性は非常に高いです。 交差反応に注意する他の食物は、アボカドと、キウイと栗です。

一般的なVitaminsと店頭取引の製品はVitamin Aや、Vitamin Bや、Vitamin Cや、Vitamin Eや、Pantothenic Acidや、Glucosamineや、Antioxidantsや、Allergy Aidや、QuercitinなどのAllergies Type2と共に役に立つことができます。

ビタミンAは、知られている酸化防止剤であり、立ち直りに人体を助けることができます。 ビタミンAは、人体の肝臓と脂肪細胞の中に格納されて、毒性のレベルに達することができます。 Vitamin Aのお勧めの投与量ほど取らないでください。

最大より年取った人々の1/3はもう彼らの食物からVitamin Bを吸収することができません。 ビタミンBが、赤血球を形成して、神経を健康に保つのに必要です。

ビタミンCは、自然の汚染と感染に対してボディーを防御するのに、不可欠の保護的な栄養物であり、ボディー免疫システムを高めます。

ベータCaroteneは口、鼻、のど、および肺の粘液膜を保護します。 また、それは、酸化からVitamin Cを保護するのを助けます。(酸化はそれが最適な効率で働くのを可能にします)。

ビタミンEは免疫システムの機能における吸入された汚染物質と援助から肺の組織を保護します。

多くが、Pantothenic Acidがアレルギー兆候に対して非常に役立っているのがわかります。 それは別の形式の無毒のBビタミンです。 Pantothenic Acidは炭水化物、タンパク質、および脂肪の新陳代謝と統合で重要です。

グルコサミンは、抗炎症剤であり、アレルギー兆候から何らかの救援を与えるかもしれません。


物質は、人体の中のセルを損なうのでそれらを禁止しながら、酸化防止剤をその結果、遊離基選挙で組み合わせによる遊離基を中和するか、または付くことができると呼びました。

アレルギーAidは、呼吸のアレルギーの一時的救済を提供するのを助けるために有益なHerbの9ものを供給します。 開いている気管支と容易さ息づかいへのこれらの特定のHerbの助けの自然な動作。

Quercitinはよく知られているフラボノイドです。 フラボノイド類は、強力な酸化防止剤であり、減少することができます。炎症は、免疫システムを高めて、血管を強化して、流通を改良します。 その結果、アレルギー兆候をまた、Quercitinはヒスタミンのリリースを妨げる性能に関して知られていて、減少するか、または防ぎます。

この情報を使用する前に、いつも医師に相談してください。

このArticleは現実に栄養であり、
医師の忠告に理解されることになっていません。

デヴィッドCowleyは病気とビタミンとの関係に関する50以上の記事を作成しました。 Allergiesの他の記事に関しては、Allergiesと他の記事クリックのためにOther ArticlesでArticlesをクリックしてください。

Article Source: http://EzineArticles.com/?expert=David_Cowley
http://EzineArticles.com/?Help---I-Am-Allergic-To-Banana&id=546615



Help - I Am Allergic To Banana



Help - I Am Allergic To Banana
By David Cowley




If you are allergic to banana then you suffer from allergies Type 1 or contact allergy. The protein found in banana called chitinase, causes the immune system in some individuals to overreact and treat the protein as harmful to your body. The reason the body overacts to certain foods is not clear and more studies are needed. The protein called chitinase is also found in avocado and kiwi fruit.



Bananas originated in Malaysia around 2,000 B.C. and then spread throughout the Philippines and India. Alexander the Great recorded them being grown in India in 327 B.C. Today bananas are grown in most tropical and subtropical regions around the world with the main commercial producers located in Central America. With the development of rapid transportation bananas have become widely available.



To be allergic to banana you body's immune system must be overacting to the banana protein chitinase. Another cause of the allergy reaction could be due to intolerance to bananas and not a true allergy reaction. This intolerance could be caused by Vaso-active amines.



Vaso-active amines are histamine like substances that occur naturally in foods and can trigger symptoms that can mimic allergy reactions. Vaso-active amines are called histamine, phenyl-ethylamine, serotonin, tyramine and dopamine.



Serotonin is found in banana, and the symptom of serotonine ingestion include cramping, flushing of the skin, headache, and heart palpitations. The severity of the symptoms is dependent on the amount the histamine like substance ingested and the lack of the histamine metabolizing enzyme diamine oxidase in your system.



Most food allergy or food intolerance reactions usually happen within a few minutes to a few hours after eating the bananas. Most mild to moderate reactions last less than a day and can involve a rash on the skin, cramps, diarrhea, nausea, vomiting, runny nose, watery eyes, wheezing and coughing.



For individually that are allergic to banana symptoms may not appear or the symptoms may be to mild to be noticed the first few times bananas are eaten. Sensitivity can develop over time and can start out very mild and slowly develop into life-threatening allergic reactions.



A cross-reaction is also a very common problem in individuals who are allergic to banana. If a person suffers from an allergic reaction to the protein in bananas a possibility to being allergic to the same proteins in latex is very high. Other foods to watch out for cross-reaction are avocado, kiwi and chestnut.



Common Vitamins and over the counter products can help with Allergies Type 2 such as Vitamin A, Vitamin B, Vitamin C, Vitamin E, Pantothenic Acid, Glucosamine, Antioxidants, Allergy Aid, and Quercitin.



Vitamin A is a known antioxidant and can assist the human body in the healing process. Vitamin A is stored in the liver and fat cells of the human body and can reach toxic levels. DO NOT take more than the recommended dosage of Vitamin A.



Up to one-third of older people can no longer absorb Vitamin B from their food. Vitamin B is needed to form red blood cells and keep nerves healthy.



Vitamin C is nature's protective nutrient, essential for defending the body against pollution and infection and enhances the bodies immune system.



Beta Carotene protects the mucus membranes of the mouth, nose, throat and lungs. It also helps protect Vitamin C from oxidation, which enables it to perform at optimum efficiency.



Vitamin E protects the lung tissue from inhaled pollutants and aids in the functioning of the immune system.



Many find Pantothenic Acid to be very helpful against allergy symptoms. It is another form of nontoxic B vitamins. Pantothenic Acid is critical in the metabolism and synthesis of carbohydrates, proteins and fats.



Glucosamine is an anti-inflammatory and may give some relief from allergy symptoms.



Substances called antioxidants can neutralize free radical by pairing up or binding with the free radical elections thus inhibiting them from damaging cells in the human body.



Allergy Aid supplies 9 beneficial Herb's to help provide temporary relief of respiratory allergies. The natural action of these specific Herb's help to open bronchial tubes and ease breathing.



Quercitin is a well known flavonoid. Flavonoids are powerful antioxidants and can reduce inflammation boost the immune system and strengthen blood vessels and improve circulation. Quercitin is also known for its ability to block the release of histamines, thus reducing or preventing allergy symptoms.



Always consult your doctor before using this information.



This Article is nutritional in nature and is not to be construed as medical advice.




David Cowley has created over 50 articles about the relationship between diseases and vitamins. For other articles on Allergies click on Articles on Allergies and for other articles click on Other Articles



Article Source: http://EzineArticles.com/?expert=David_Cowley
http://EzineArticles.com/?Help---I-Am-Allergic-To-Banana&id=546615






posted by キーウィアレルギー at 00:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キーウィアレルギー: キーウィアレルギーの話の基本として、バナナアレルギーの話です。 chanel bags cheap http://ricardoalfonsinblog.com/hotbag/
Posted by chanel bags cheap at 2013年07月25日 06:19
ヴィクトリア ミスト
Posted by レディース ブレスレット at 2013年08月05日 15:49
Hey, thanks for the article. Will read on…
Posted by men shoe lifts at 2013年08月07日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。